小学館で「妖逆門」「イエロードラゴンがあらわれた!」を描いてました。 次回作ただいま模索中、田村光久です。 のんべんだらりとブログを 立ち上げてみたりしました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ミツざる
 
[スポンサー広告
謎のパンダポリス坊や!
20100512070411.jpg 20100512070412.jpg



哀愁…



いい表情だ。
ちょっとGWに一族総出で温泉という大イベントをしてきました。

そこで出会ったパンダポリス。
デパート屋上が仕事場であったであろうレトロなたたずまい。

胸にあいた、コイン投入口がそれを物語る。


でも、ぐるッ と全体像をみても稼動しそうな部分は無く。
音楽が出そうなスピーカー穴もない。


気になるのは、お腹のポケット。
何か出るのか!?

ガチャガチャくらいの玉が出る雰囲気。


もう動かないのを承知の上で、コインを投入したい衝動がムズムズと沸き上がる。

いやいや流石に動くまい。

いやいやそれでも投入するノスタルジ―


いやいや と


グルグル回りを回っていたら人が来て逃げるオレ。



結局、なんだったのかは解らずじまい。
だけど謎のままなのが、また良いと思う。

コインを投入したら
世にも奇妙な物語的な世界に巻き込まれる事も、
なきにしもあらずなわけだから。
スポンサーサイト
Posted by ミツざる
  trackback:0
[日記
trackback URL
http://mitsupezi2.blog89.fc2.com/tb.php/17-425a9014
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。